連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

カーくん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「みんながいてよかった。ぼくもいてよかった。ぼくもぼくでよかった」

 絵本「カーくんと森のなかまたち」(絵・夢(む)ら丘(おか)実果、文・吉沢誠、ワイズ・アウル刊)で、主人公のホシガラスのカーくんが最後に言うせりふ。読み聞かせの出前授業で、夢ら丘さんの語りを聞きながら、児童たちはホッとした表情を浮かべていた。

 自分はみんなに比べてダメだと思ったカーくん。しかし、周囲の動物たちから自分の良さを気づかされる。生きる元気を取り戻し、森に新しい1日が始まる。

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文452文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集