ススキ

秋色深まる英彦山 鷹巣原高原で見ごろ /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
太陽に照らされて銀色に輝くススキの穂
太陽に照らされて銀色に輝くススキの穂

 添田町の英彦山にある鷹巣原高原で、ススキが見ごろを迎えている。11月いっぱい楽しめる。

 ススキは、標高800メートルにある同高原の斜面約6ヘクタールに群生している。同町観光ガイドボランティアの早田真智子さん(64)によると、英彦山で修行していた山伏の宿坊の茅(かや)ぶき屋根に使われていたという。今…

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文260文字)

あわせて読みたい

注目の特集