メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日ファッション大賞

受賞者決まる(その2) 鯨岡阿美子賞/特別賞

貝原良治・カイハラ会長。右奥のデニムの服は同社工場のユニホーム=竹内紀臣撮影

 <MAINICHI FASHION GRAND PRIX>

 <2016 毎日ファッション大賞>

 ◆鯨岡阿美子賞 「カイハラ」会長・貝原良治さん

ジャパン・デニム発信

 ファッション界の発展に寄与した人や団体を顕彰する鯨岡阿美子賞に選考委員の圧倒的賛意で選ばれた。ジーンズなどに使われるデニム生地の国内シェアが50%を超す「カイハラ」(本社・広島県福山市)を率いて四半世紀。業界団体の要も務め、「ジャパン・デニム」の魅力を国内外に浸透させてきた功績が高く評価された。

 祖父が1893年に創業した同社は元々、地元で盛んだった藍染めの備後絣(かすり)を製造していた。絣需要が落ち込み、会社が存続の危機にひんした1970年、働いていた東京から戻り同社に入社。「藍の香りをかいで育った人間ですから、やらねばと覚悟を決めました」

この記事は有料記事です。

残り2218文字(全文2575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選択的夫婦別姓を阻む者たちへ

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

  5. バスマットから考えるアスベスト問題 「静かな時限爆弾」が身近に潜む脅威 石綿が規制をすり抜けた内幕は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです