メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊サッカー

経営スタッフ育成急務 早大大学院スポーツ科学研究科長・武藤泰明教授

 J1上位4チームを対象にした「強化配分金」新設などで、Jリーグはどのように変わるのか。元Jリーグ理事で経営諮問委員長も務めた早大大学院スポーツ科学研究科長の武藤泰明教授(61)に聞いた。【大谷津統一】

 --Jリーグがクラブに配分する資金を増やす。

 ◆良いことだが、大した額ではない。欧州ではトップスターでない岡崎(レスター)や香川(ドルトムント)の移籍金が10億円単位。全然追いついていない。配分方法も上位に厚くするより、均等に近い方が発展しやすい。接戦が増えて面白くなるからだ。

 --Jリーグにビッグクラブを誕生させることが狙いだ。

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1110文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです