民泊特区

要件2泊3日に緩和 閣議決定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
閣議に臨む(左から)石原伸晃TPP担当相、安倍晋三首相、麻生太郎財務相=首相官邸で2016年10月25日午前8時32分、川田雅浩撮影
閣議に臨む(左から)石原伸晃TPP担当相、安倍晋三首相、麻生太郎財務相=首相官邸で2016年10月25日午前8時32分、川田雅浩撮影

 政府は25日の閣議で、国家戦略特区を活用した「民泊」の滞在日数の要件を「6泊7日以上」から「2泊3日以上」に緩和することを決定した。マンションなどの空き室に観光客を泊める民泊の新規参入を促すことで、増加する外国人旅行者の需要に対応し、利用者の利便性向上を図る。31日に施行する。

 今回の緩和では、民泊業者が宿泊者名簿を…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文340文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集