メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発廃炉費用

経産省は説明を 新電力利用者にツケ

経済産業省=2014年8月29日午後3時50分、瀬尾忠義撮影

 経済産業省が、自主的に廃炉を決めた大手電力の原発の廃炉費用の一部を新電力に負担させる方針を固めたのは、依然として大手電力救済の色彩が強く、消費者の反発を呼びそうだ。稼働中や稼働を目指す原発の廃炉費用は大手電力に引き続き回収させる方針だが、将来的に今ある原発すべてが廃炉になれば、新電力の負担がどこまで膨らむのか見通せない。

 経産省は、稼働中や再稼働を目指す原発については「廃炉費用を捻出するのはこれからも大手電力会社の責任だ」として、新電力には負担を求めないことにした。「安価な原発」が再稼働すれば、電気料金収入から原発建設にかかった費用はもちろん、廃炉に必要な費用の引当金も回収できるはずだからだ。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 視聴室 世界を変えた女の子

  5. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです