メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IWC総会

調査捕鯨の溝深く 豪など反対姿勢強める

 クジラの保護や資源利用を話し合う国際捕鯨委員会(IWC)総会が24日、スロベニア南西部のポルトロジュで5日間の日程で始まった。日本は南極海で2015年末に再開した調査捕鯨について、科学的、法的根拠に基づいて必要性を訴える構え。しかし、オーストラリアやニュージーランドなど反捕鯨国は反発を強めており、議論は紛糾しそうだ。【寺田剛】

 日本は1982年、IWCが肉や油などの販売目的で捕獲する「商業捕鯨」の一時停止を決めたことを受け、大型クジラの捕獲を中断。資源調査を目的にした調査捕鯨を87年に南極海、94年に北西太平洋でそれぞれ始めた。調査結果はIWCの科学委員会に報告している。

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです