メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

6中全会開幕 最高幹部も綱紀粛正の徹底議論

 【北京・河津啓介】国営新華社通信によると、中国共産党の重要会議である第18期中央委員会第6回総会(6中全会)が24日、北京で始まった。27日まで、最高幹部も例外としない綱紀粛正の徹底が議論される。習近平総書記(国家主席)への権力集中が、規律の強化を大義名分としてさらに進むとみられる。

 新華社によると、6中全会では綱紀粛正を目的とする党内規則などを議論し、特に最高指導部の政治局常務委員を含む高級幹部への引き締めが強められそうだ。習氏が主宰し、6中全会の議題を決めた7月26日…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今年の漢字は「令」

  2. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  3. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  4. オンライン「人狼ゲーム」に数万回投稿 偽計業務妨害容疑で高校生書類送検

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです