サッカー

J1 ジュビロ磐田に針谷選手が内定 昌平高から初のJリーガー2人誕生 「東京五輪代表目指す」 /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
針谷岳晃選手(中央)と手を重ねる(左から)城川雅士校長、藤島崇之監督、加藤久・ジェビロ磐田ゼネラルマネジャー、服部年宏・同強化部長=杉戸町の昌平高で
針谷岳晃選手(中央)と手を重ねる(左から)城川雅士校長、藤島崇之監督、加藤久・ジェビロ磐田ゼネラルマネジャー、服部年宏・同強化部長=杉戸町の昌平高で

 サッカーJ1のジュビロ磐田は、昌平高校(杉戸町)男子サッカー部の針谷岳晃(たけあき)選手(3年)の来季入団を内定した。同校の松本泰志選手(同)もJ1・サンフレッチェ広島入りが内定しており、来季は同校初のJリーガーが2人も誕生することになった。24日に同校で記者会見した針谷選手は「一日も早くチームに貢献できるよう努力を重ね、東京五輪の日本代表も目指す」と抱負を語った。

 針谷選手は久喜市立久喜東中出身で、昌平高進学後は1年で全国高校サッカー選手権大会に出場。今年の全国高校総体ではチームを3位に導き、大会優秀選手に選ばれたほか、SBSカップ国際ユースサッカーではU19(19歳以下)日本代表にも選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文501文字)

あわせて読みたい

注目の特集