メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂城高

部活動ハンドボール 脳しんとう、試合再出場 識者「指導不適切」 /長野

 県立坂城高校(坂城町)で約2年前、ハンドボール部の試合中に高校2年の男子生徒が脳しんとうや首の神経の損傷を負う事故があり、数分後、男性顧問が生徒を試合に再出場させていたことが分かった。頭部への衝撃が繰り返されれば死に至る場合もあり、専門家は「再出場させるべきではなかった」と指摘。スポーツの現場では指導者の安全面の知識が求められており、今も軽度の障害が残る元生徒の男性(18)は「まだ安全面での意識が浸透していないのでは。指導者には知識を持ってもらいたい」と訴える。【巽賢司、安元久美子】

 坂城高校の事故報告書によると、2014年12月28日、同校の体育館でハンドボール部の練習試合があっ…

この記事は有料記事です。

残り1293文字(全文1588文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです