メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春日大社

鹿の次は、猫グッズ登場ニャ 参拝客増えるきっかけに 女性職員ら企画 国宝太刀の意匠モチーフ /奈良

国宝太刀の猫をモチーフにしたトートバッグなどを手にする渡辺亜祐香さん=奈良市の春日大社で、皆木成実撮影

 奈良市・春日大社が、国宝「金地螺鈿毛抜形太刀(きんじらでんけぬきがたたち)」(平安時代、長さ96・3センチ)の意匠をモチーフに制作した猫の絵グッズが好評だ。春日大社といえば神鹿のイメージが強いが、猫好きの参拝客らにも親しみを持ってもらおうと女性職員らが企画した。【皆木成実】

 太刀をくわえた可愛い猫をデザインしたトートバッグ(1000円)、手拭い(同)、クリアファイル(350円)など。今月1日、リニューアルオープンした国宝殿のカフェ「鹿音(かおん)」で販売を始めた。

 国宝太刀はその繊細な彫金や螺鈿細工から国内工芸の最高傑作とされる。このほど奈良文化財研究所(奈文研…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです