メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/25 「相手を元気にする言葉を使って」 絵本作家の夢ら丘さん、読み聞かせ /香川

児童に話を聞く夢ら丘実果さん=香川県三豊市の市立笠田小学校で、玉木達也撮影

 「相手を傷つける言葉ではなく、元気にする言葉を使って」

 三豊市の市立笠田小学校で先月、開かれた読み聞かせの出前授業。絵本作家の夢(む)ら丘(おか)実果さんは自分が描いた絵本「カーくんと森のなかまたち」を通じ、友だちを思いやる心の大切さを訴えた。いじわるなことを言われたことによる悲劇もあえて話した。

 「私の娘の学校で明るく元気な男の子がいました。それが中学2年の時、悪口を毎日、言われるようないじめに遭い、中学3年の頃には学校に全く来なくなってしまいました」

 その後、彼は大量の睡眠薬で自殺を図り、母親が早く発見したので一命を取り留めたが、いじめによる心の傷はなかなか癒やされていないと語った。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  2. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 「刑務所に入れられても闘う。それが恩返し」 香港りんご日報創業者が語った決意

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです