メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

ノーベル賞の美談?=中村秀明

 <sui-setsu>

 「もやもやした気持ちになる季節がやってきた」

 ノーベル賞の発表が相次ぐ時期を、そんな思いで迎えた人たちがいる。女性の研究者たちである。

 医学生理学賞を受けた大隅良典さんの記者会見を見た明治大学教授の藤田結子さん(社会学)も、その一人だ。

 「家庭のことはまったく見ないで、研究に没頭する。そういう姿を見て、彼女は一生懸命支えようとしていた」と語る大隅さんに、「まただ」とムッとした。しかし、会見の終わりごろ、同席した妻の万里子さんの女性研究者に向けた助言に胸が熱くなった。

 「私は若気の至りで早めに結婚してしまった。きちんと勉強していれば、その後の人生はかなり違ったと思う…

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです