メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

ノーベル賞の美談?=中村秀明

 <sui-setsu>

 「もやもやした気持ちになる季節がやってきた」

 ノーベル賞の発表が相次ぐ時期を、そんな思いで迎えた人たちがいる。女性の研究者たちである。

 医学生理学賞を受けた大隅良典さんの記者会見を見た明治大学教授の藤田結子さん(社会学)も、その一人だ。

 「家庭のことはまったく見ないで、研究に没頭する。そういう姿を見て、彼女は一生懸命支えようとしていた」と語る大隅さんに、「まただ」とムッとした。しかし、会見の終わりごろ、同席した妻の万里子さんの女性研究者に向けた助言に胸が熱くなった。

 「私は若気の至りで早めに結婚してしまった。きちんと勉強していれば、その後の人生はかなり違ったと思う…

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです