メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第70回読書世論調査

教養から娯楽、実務へ 読み継がれる「定番」作品(その1)

 今年で70回を数える毎日新聞の「読書世論調査」で戦後、日本人の読書の目的が「教養」を得ることから、高度経済成長期に「娯楽」に変わり、現代は実生活に役立つ「実務」志向へと変化してきたことが分かった。調査は戦後間もない1947(昭和22)年に開始。一方で、「読んだことがある」作品を聞いたところ、「坊っちゃん」(夏目漱石)や「アンネの日記」(アンネ・フランク)が上位に挙がり、時代を超えて読み継がれている。【浜田和子、今村茜、大隈慎吾】

この記事は有料記事です。

残り5618文字(全文5835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです