メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もったいないばあさん日記

/133 衣替え=真珠まりこ

 今年は夏が長かったから、まだ衣替えをせず、重ね着で過ごしている人もいるようじゃ。これから急に寒くなるから、そろそろ夏のものをしまい、冬ものの準備をしておこう。

 夏服は、えりや袖についた汗をしっかり洗い流し、お日様と風にあてて干してからしまおうね。汗や湿気が残っていると、黄ばみや臭いの原因になるんじゃよ。しみがないかもよく見てみよう。しみは時間がたつほどとれにくくなるから、汚れた時にすぐに落とすのがいいけれど、時間がたってしまったしみも、ちょっとしたコツで落ちることがあるんじゃよ。

 おしょうゆがついたしみには、ハミガキ粉をつけた歯ブラシで軽くたたいてみよう。裏からも同じようにたたき、それを何度かくり返す。血液のしみは、大根おろしを布に包んでとんとんたたく。コーヒーや紅茶のしみは、炭酸水で。黄ばんでしまった白い服は、鍋に入れ、せっけん水と煮立ててからもみ洗い。白さが戻るようにね。

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです