若者の自殺

高止まり 悩み、分かち合おう

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「若者自殺対策全国ネットワーク」のメンバーと打ち合わせする石井さん=東京都千代田区で、清水健二撮影
「若者自殺対策全国ネットワーク」のメンバーと打ち合わせする石井さん=東京都千代田区で、清水健二撮影

 日本の自殺者数が徐々に減っている中で、高止まりしているのが若者の自殺だ。15~39歳の死因のトップは自殺で、20代の10万人当たりの自殺率は10年以上、10人台後半~20人台前半を上下している。自ら命を絶つ同世代を一人でも減らそうと、若者たちが自ら動き出し、同じ目線に立った独自の取り組みを進めている。【清水健二】

この記事は有料記事です。

残り2197文字(全文2355文字)

あわせて読みたい

注目の特集