五輪会場見直し

有明アリーナ「レガシーに」 撤回を要望

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
有明アリーナの建設続行を求めて記者会見する日本トップリーグ連携機構の川淵三郎会長(中央)ら=東京都渋谷区の岸記念体育会館で2016年10月26日午前11時1分、長谷川直亮撮影
有明アリーナの建設続行を求めて記者会見する日本トップリーグ連携機構の川淵三郎会長(中央)ら=東京都渋谷区の岸記念体育会館で2016年10月26日午前11時1分、長谷川直亮撮影

 東京都の都政改革本部の調査チームが提言した2020年東京五輪・パラリンピックの会場見直しで、バレーボールなど球技の9競技団体が加盟する日本トップリーグ連携機構の川淵三郎会長が26日、東京都内で記者会見した。五輪のバレー会場に予定される有明アリーナ(東京都江東区)について、川淵氏は「夢と希望を与えられるアリーナが子どもや選手にとって、どれだけ…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集