メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取・境港

変わり種ベニズワイガニ次々 雌雄同体や白色

雄と雌の特徴を持つベニズワイガニ=鳥取県水産試験場提供

 ベニズワイガニの水揚げ日本一を誇る境港(鳥取県境港市)で今月に入り、雌雄同体の個体と、本来の赤色ではない白っぽい個体が相次いで見つかった。県水産試験場の清家裕・海洋資源室長(45)は「いずれも発生のメカニズムは不明で、大変珍しい」と話している。

 雌雄同体の個体は13日、市内の水産会社が購入したカニの中にいるのを見つけ、センターに連絡した。

 甲羅の大きさが11センチ、重さは461グラムで、精巣と卵巣があった。外観は甲羅側から見て右半分が雄、左半分が雌の特徴がある。腹部の「ふんどし」と呼ばれる部位は、右が雄を示す三角形で、左は雌の半円形になっていた。爪も右側が大きい雄の形、左側は雌の形で小さかった。センターは標本にして展示するという。

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです