全盲男性事故死

母「ホームドアあれば」転落防止策訴え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
視覚障害のある男性が転落した近鉄大阪線河内国分駅を通過する特急電車=大阪府柏原市で、三浦博之撮影
視覚障害のある男性が転落した近鉄大阪線河内国分駅を通過する特急電車=大阪府柏原市で、三浦博之撮影

 大阪府柏原市の近鉄大阪線河内国分駅で今月16日、全盲の男性がホームから転落し、通過中の特急電車にはねられ死亡した事故で、男性の母親(66)が毎日新聞の取材に心情を語った。男性は鉄道好きで、車輪の通過音で列車の種類が分かるほどだった。ホームでの事故が相次ぐ中、母親は「息子が好きだったからこそ、安全な鉄道であってほしい。ホームドア設置など、転落防止の対策が進んでくれたら」と願う。【釣田祐喜】

 男性は兵庫県宝塚市の近藤恒久さん(当時40歳)。母親によると事故当日、普段から外出時などに世話をしてくれていた親戚2人と、奈良に食事に出かけようと近鉄電車に乗った。乗車した電車は特急の通過待ちで河内国分駅で停車。親戚は駅のホームに出る近藤さんの動きを追っていたが、一瞬姿が見えなくなった途端、事故が起きたという。

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文781文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集