メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

比大統領

米軍の基地使用「協定忘れてくれ」 会見で発言

 【バンコク西脇真一】フィリピンのドゥテルテ大統領は25日、来日を前にマニラの空港で記者会見し、米軍の国内基地使用などを可能とする米比防衛協力強化協定について「忘れてくれ」と述べた。ロイター通信などが伝えた。

 ドゥテルテ氏は当初は落ち着いて訪日についての声明を読み上げていたが、対米関係などの質問を受けるうちにいらだった様子に変わった。

 そして、第二次大戦末期に日本軍を掃討するため米軍がマニラを猛攻撃したことや、かつてガールフレンドに会いに行くためビザを申請したところ、米国大使館で疑問視されたことなどを持ち出して「私がこの戦いを始めたわけではない」などと主張したという。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  2. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  3. 見過ごせない菅首相の乱暴な言説 普天間移設の歴史に二つの「反故」

  4. 米のデシャンボーがメジャー初V 松山英樹は17位 全米オープン

  5. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです