特集

世論調査

毎日新聞の全国世論調査をはじめ、各種世論調査の結果と記事を特集します。

特集一覧

読書世論調査

「坊っちゃん」61%…各年代で読まれる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 毎日新聞が7~9月にかけて実施した「第70回読書世論調査」で、過去の調査でよく読まれたり、戦後ベストセラーになったりした21の文芸作品を挙げ、読んだことがあるかを尋ねたところ、最も多かったのは夏目漱石の「坊っちゃん」(61%)だった。2位はアンネ・フランクの「アンネの日記」(38%)で、ともに作品の一部が教科書に採用された作品が上位を占めた。

 年齢別にみると、「坊っちゃん」を読んだことのある人は、最も高い50代で74%に上った。最少の20代でも41%を占めており、各年代を通じて読まれているのが特徴。男女とも6割が読んでいて、国民に広く親しまれている。「読んだことがある」の3位は川端康成の「雪国」(30%)、4位は黒柳徹子の「窓ぎわのトットちゃん」(28%)だった。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文652文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集