メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書世論調査

「坊っちゃん」61%…各年代で読まれる

 毎日新聞が7~9月にかけて実施した「第70回読書世論調査」で、過去の調査でよく読まれたり、戦後ベストセラーになったりした21の文芸作品を挙げ、読んだことがあるかを尋ねたところ、最も多かったのは夏目漱石の「坊っちゃん」(61%)だった。2位はアンネ・フランクの「アンネの日記」(38%)で、ともに作品の一部が教科書に採用された作品が上位を占めた。

 年齢別にみると、「坊っちゃん」を読んだことのある人は、最も高い50代で74%に上った。最少の20代…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです