ラスコー展

準備作業は着々…11月1日・東京で開幕

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2万年前に描かれた壁画の最高傑作を間近で体感できる「世界遺産 ラスコー展 ~クロマニョン人が残した洞窟壁画~」(毎日新聞社など主催)が11月1日、東京・上野の国立科学博物館で始まる。現在では研究者でも入れない洞窟そのものを再現した同展。会場では準備作業が急ピッチで進んでいる。

 1ミリ以下の精度で色鮮やかに復元された…

この記事は有料記事です。

残り70文字(全文229文字)

あわせて読みたい

ニュース特集