メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

江口のりこ 「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」藤岩りおん役

江口のりこ

 ◆「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」藤岩りおん役(日本テレビ=水曜午後10時)

派手さなくてもじんわり

 舞台は出版社の校閲部という原稿の誤りをチェックする地味な職場。りおんは作品の世界観を具現化するかのような地味な服装で黙々と仕事をこなす。ファッションだけにはカネをかける悦子(石原さとみ)とは正反対だ。監督からアドバイスされたのは「悪者ではない」「新人をいびらない」「純粋に仕事が好き」というりおん像。「そこを大事にしようと思ってやりました」と話した。

 NHK連続テレビ小説「マッサン」の酒造会社事務員や、映画「ソロモンの偽証」(2015年)の不良中学生の母親役などでは、派手さはないのにじんわり脳裏に焼き付く演技を見せた。「演じる時、何かしなくちゃと思うのは純粋じゃない気がする。演じることが好きでやっているはずだから、(自分にも観客にも)うそをつくような芝居だけは嫌だなあと思ってやってます」

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです