メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

江戸川区立篠崎図書館

出版社社長、お薦め 42冊展示 /東京

さまざまな出版社社長の愛読書がわかる特別展示=江戸川区篠崎町7の区立篠崎図書館で

 27日から始まる読書週間に合わせ、江戸川区立篠崎図書館(篠崎町7)で特別展「出版社社長が薦める図書館で読み継いでいきたい本たち」が開かれている。同館が国内約200の出版社にアンケートを送り、返信のあった42社の社長の「オススメ本」を、コメント付きで紹介した珍しい展示。11月27日まで。【谷本仁美】

 出版関係者を招いた講演会などで来場者から「どういった本がお薦め」という質問が出ることから企画した。出版社の社長に対し、新刊書と自社出版物を除き、心に残った作品について尋ねた。

 回答はさまざま。筑摩書房の山野浩一氏は「世界の名作(2)フランダースの犬・母をたずねて」(ウィーダ…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです