メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キジ

20羽、大空へ 薦原小生が放鳥「長生きしてね」 /三重

キジを放つ市立薦原小6年の児童=三重県名張市薦生で、鶴見泰寿撮影

 豊かな自然と生き物を大切にする心を養おうと、名張市薦生の市立薦原小6年生15人が25日、緑に囲まれた校庭でキジ20羽を大空へ放った。

 同小では小4から自然学習として、ギフチョウや稲作体験などを学んでおり、最終学年の締めくくりとして3年前に放鳥を始めた。市猟友会の協力で岐阜県山県市で育てられた生後4…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  5. ウーバーイーツ、広島上陸 中国初、国内11カ所目 50カ国語に対応 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです