特集

世論調査

毎日新聞の全国世論調査をはじめ、各種世論調査の結果と記事を特集します。

特集一覧

第62回学校読書調査

自治体が読書推進策 図書館整備、学校と手携え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 地元の自治体や地域住民と連携し、読書の啓発に取り組む学校図書館が増えている。子どもたちに、より図書館を活用してもらうため、地域ぐるみで運用するのが狙いだ。2013年に「日本一の読書のまち」を宣言した埼玉県三郷市と、同市立早稲田小学校(会田国雄校長)の事例を紹介する。【浜田和子】

埼玉県三郷市、児童の憩いの場に 2013年「日本一の読書のまち」宣言

 昼休みのチャイムが鳴ると、あふれるほどの児童がやってきた。「椅子と机の方が疲れずに読めるから好き」「寝転んでのんびり読めるから畳がいい」。早稲田小の学校図書館は、普通教室の3倍ほどの広さ。学校が開いている時間なら、常に図書館のカギも開いている。

 「あまり『本を読みなさい』と言いすぎると、かえって本を嫌いになってしまうのではないかと心配です」

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1194文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集