特集

世論調査

毎日新聞の全国世論調査をはじめ、各種世論調査の結果と記事を特集します。

特集一覧

第62回学校読書調査

ライトノベルが人気 おもしろい本、もっと(その2止)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
学校図書館の本を資料に、お互いの心を考える授業を受ける=三郷市立北中学校で、浜田和子撮影
学校図書館の本を資料に、お互いの心を考える授業を受ける=三郷市立北中学校で、浜田和子撮影

不読率、高校生で深刻

 書籍の不読率(1カ月間に本を1冊も読まなかった割合)は小学生4%、中学生15%、高校生57%だった。小中学生が2015年の前回調査からほぼ横ばいだったのに対し、高校生は前回比5ポイント増。小学生では02年から1桁台が続いており、多くの小学校で導入されている朝の読書運動が奏功しているようだ。しかし、進学するにつれ「読書離れ」が深刻になっている。

 1カ月の平均読書量は小中学校で1990年代後半から増加傾向にある。今回調査では小学生11・4冊、中学生4・2冊に上り、過去の調査と並び最多だった。高校生の平均読書量は1・4冊にとどまり、68年以降、2冊未満が続いている。

この記事は有料記事です。

残り3138文字(全文3432文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集