メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

サンゴの謎を追いかけて=鴨志田公男

 沖縄のサンゴ礁は、世界でも有数の生物多様性を誇る海の「ホットスポット」だ。生息するサンゴは約400種といわれ、世界のサンゴの3割を占めている。

 その沖縄で今夏、広範囲にサンゴの白化現象が起きた。

 サンゴの体内には植物プランクトンの褐虫藻が共生している。白化は褐虫藻がサンゴから失われ、サンゴの白い骨格が透けて見える現象だ。長く続くと、褐虫藻が光合成で作る栄養分を受け取れず、サンゴは死んでしまう。

 海水温の上昇などが原因で起きるため、地球温暖化が進むと、白化の脅威が増す。危機に直面するサンゴを救…

この記事は有料記事です。

残り868文字(全文1117文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです