メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

精神保健指定医

厚労省、不正認定99人 リポート使い回し

 精神障害者を強制的に入院させるかどうかを判断する精神保健指定医の不正取得に関わったとして、厚生労働省は26日、指定医49人とその指導医40人を資格取り消し処分にしたと発表した。同省の医道審議会は、処分が出る前に指定医の辞退届を出した6人と資格申請中の4人を合わせた99人を不正と認定。今後、医師法に基づき全員に医業停止などの行政処分も検討する。【熊谷豪】

 発表によると、取り消しになった89人は資格申請時、12都府県の26病院で勤務していた。京都府立医科大病院(8人)、兵庫医科大病院(7人)、愛知医科大病院(同)などが多く、地域別では兵庫県が最多の28人に上った。いずれも資格取得に必要な8例の症例リポートの一部を、自身が診察していないのに同僚のリポートを使い回して国に提出。指導医も確認を怠った。

この記事は有料記事です。

残り1984文字(全文2335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

  5. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです