メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弘道館

古書にご飯粒 江戸時代、藩士師弟いたずら?

書物に貼り付いていたご飯粒=水戸市の弘道館で2016年10月24日午後3時8分、加藤栄撮影

 水戸藩の藩校だった弘道館(水戸市三の丸1)にある江戸時代後期の書物に、1粒のご飯粒が貼り付いているのを職員が見つけた。普段、古書は書庫で保管されており、職員や来場者がつけたものではないらしい。職員らは「弘道館に通った藩士の師弟がいたずらで付けたのでは」と想像を膨らませている。

 虫食いや湿気によるカビを防ぐため、古書を外の空気にさらす「虫干し」作業の真っ最中だった。22日午後1時40分ごろ、県職員の飯田洵也さん(25)が江戸時代後期に教科書として使用されたという「礼記集説」を1ページずつめくっていたところ、ページ同士がくっついているのを見つけた。慎重に開くと、乾燥した小さなご飯粒が貼り付いていた。

 弘道館に保管している古書は約250冊。室温などが保たれている書庫にあるため、虫干しの必要性はあまりない。だが東日本大震災の被害から施設が2014年に完全復旧したのを機に、古書を間近で見てもらおうと、昨年から秋に期間限定で虫干し作業を公開している。昨年は気付かなかったが、今年は見逃さなかった。

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  5. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです