15年国勢調査

総人口1億2709万人 初の減少  

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

65歳以上の高齢者は26.64%と過去最高更新

 総務省が26日発表した2015年簡易国勢調査の確定値によると、昨年10月1日現在の外国人を含む総人口は1億2709万4745人で、10年の前回調査から96万2607人(0.75%)減少した。総人口減少は1920年の調査開始以来、初めて。39道府県で人口が減り、大都市圏でも人口減の傾向が出始めた。65歳以上の高齢者は26.64%と過去最高を更新した。

 総人口のうち外国人は6.33%増の175万2368人で、日本人と分けて調べ始めた75年以来最多。日本人人口の減少は10年国勢調査で確認されており、総務省は「総人口のピークは08年ごろとみられる」と分析している。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文584文字)

あわせて読みたい

注目の特集