メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル医学生理学賞

大隅さん「サイエンスを楽しんで」

京都産業大で講演する大隅良典・東京工業大栄誉教授=京都市北区で2016年10月26日午後5時39分、小松雄介撮影

 ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった大隅良典(おおすみよしのり)・東京工業大栄誉教授(71)が26日、招聘(しょうへい)教授を務める京都産業大(京都市北区)で大学生や高校生、一般市民ら約1200人を前に講演した。「(若い人たちには)自分の興味、発見を大事にし、サイエンスを楽しんでほしい」と呼びかけた。

 講演では、生物が細胞内でたんぱく質を分解して再利用するオートファジー(自食作用)の研究の概要を説明。今後の研究について「この年になってやめてもいいかなと思うが、残された問題があり徹底的に知りたい」と意欲を見せた。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです