メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 高校生の娘安澄(杉咲花)を育てる双葉(宮沢りえ)はパート先のパン屋で倒れ、末期がんで余命2カ月と宣告される。悲しみを堪(こら)える双葉は家出中の夫(オダギリジョー)を連れ戻して家業の銭湯を再開させ、学校でのイジメに苦しんでいる安澄をある人物に会わせようとする。

 母ものと余命ものを合わせた家族ドラマと聞くと「またか」と思わされるが、これは優れた配役とよく練られたオリ…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです