メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 高校生の娘安澄(杉咲花)を育てる双葉(宮沢りえ)はパート先のパン屋で倒れ、末期がんで余命2カ月と宣告される。悲しみを堪(こら)える双葉は家出中の夫(オダギリジョー)を連れ戻して家業の銭湯を再開させ、学校でのイジメに苦しんでいる安澄をある人物に会わせようとする。

 母ものと余命ものを合わせた家族ドラマと聞くと「またか」と思わされるが、これは優れた配役とよく練られたオリ…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  4. 参院選 21日に投開票 「改憲勢力」維持は厳しい情勢
  5. 宮田恒男遺作展 没後見つかった絵画50点 “青年”が生きた証し 山口 /山口

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです