メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

いじめ最多22万件 防止法3年、自殺23人 学校、深刻さ見抜けず

 2015年度に全国の学校が認知したいじめは22万4540件で過去最多だった。いじめから子供を守るため学校や行政の責務を定めた「いじめ防止対策推進法」(いじめ防止法)の施行(13年9月)から3年が過ぎたが、被害を受けた子供が自ら命を絶つ悲劇は後を絶たない。いじめ対策の模索は続くものの、専門家からは形骸化を指摘する声も出ている。

 いじめ防止法は大津市の中学2年男子生徒が自殺した問題を受けて成立した。だが、文部科学省のまとめでは、13~15年度にいじめの問題を抱えて自殺した子供は23人に上る。子供が発するサインに気づきながら、学校側がいじめと認識しなかったり、対応が不十分だったりして子供が命を絶つ--。法施行後も、こうした構図に改善の兆しがなかなかみられない。

この記事は有料記事です。

残り2159文字(全文2491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  2. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  3. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  4. 米司法省、グーグルを独禁法違反で提訴 米メディア報道 MS以来20年ぶり大型訴訟

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです