メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

いじめ最多22万件 防止法3年、自殺23人 学校、深刻さ見抜けず

 2015年度に全国の学校が認知したいじめは22万4540件で過去最多だった。いじめから子供を守るため学校や行政の責務を定めた「いじめ防止対策推進法」(いじめ防止法)の施行(13年9月)から3年が過ぎたが、被害を受けた子供が自ら命を絶つ悲劇は後を絶たない。いじめ対策の模索は続くものの、専門家からは形骸化を指摘する声も出ている。

 いじめ防止法は大津市の中学2年男子生徒が自殺した問題を受けて成立した。だが、文部科学省のまとめでは…

この記事は有料記事です。

残り2277文字(全文2491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです