サッカー

J1広島 ドーピング検査で千葉から禁止物質 公式戦出場禁止に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 サッカーJ1広島は27日、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が実施したドーピング検査で、DF千葉和彦(31)の検体から禁止物質(特定物質)が検出されたため、暫定的資格停止に関する通知を受けたと発表した。通知は21日付。千葉は当面、公式戦やチーム練習など全ての催事への参加が禁止される。JリーグがJADAにドーピング検査の全面委託を始めた2009年以降、選手から禁止薬物が検出されたのは初めて。

 クラブによると、検出されたのは興奮作用のある「メチルヘキサンアミン」。9月25日の浦和とのリーグ戦後のドーピング検査で、採取された検体の一つから検出された。21日にJADAから千葉に電話連絡が入り、23日に書面で通達された。千葉は22日の川崎戦は欠場した。

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1035文字)

あわせて読みたい

注目の特集