メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

埼玉副知事、彩湖開催を要望

 埼玉県の塩川修副知事は27日、東京都庁を訪れ、2020年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリントを「彩湖」(同県戸田市)で開催するよう山本隆都副知事に要望した。

 塩川氏は彩湖での整備費が、工事が進む「海の森水上競技場」(東京湾岸)の300億円前後より安い266億円に抑えられるとの独自試…

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文313文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 南海トラフ地震津波確率 和歌山、高知など5メートル以上「非常に高い」 初の推計発表

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです