TPP

与党が月内衆院通過を断念 11月1日を模索

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 与党は27日、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の承認案・関連法案について、当初目指していた月内に衆院を通過させる方針を断念した。11月30日までの今国会会期内の承認に向け、採決時期を巡って野党と攻防を続けている。

 与野党は27日の衆院TPP特別委員会理事会で、28日午後に安倍晋三首相が出席する集中審…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

あわせて読みたい

ニュース特集