メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

6中全会

習氏、党の「核心」…歴代指導者に並ぶ

中国歴代指導者と主な出来事

 【北京・河津啓介】中国共産党の習近平総書記(国家主席)が第5世代指導部の「核心」となったことについて、党機関紙・人民日報は「党の団結を守り、指導を集中、統一するため」と解説した。中国が直面する難題は山積している。方針を巡る指導部内の争いが表面化する事態は避けなければならないとの危機感を反映したものだろう。

 「核心」が特別な意味を持つのは、それが単なる呼称ではなく、党中央の機関決定を経た地位だからだ。晩年…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです