アジアゾウ

国内最高齢で出産 千葉の「市原ぞうの国」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
誕生から半日以上がたち、ようやく自力で立てるようになったゾウの赤ちゃん=市原ぞうの国提供
誕生から半日以上がたち、ようやく自力で立てるようになったゾウの赤ちゃん=市原ぞうの国提供

 千葉県市原市の動物園「市原ぞうの国」で27日未明、上野動物園(東京都台東区)のアジアゾウ「アーシャー」(推定39歳)が第2子となる雄の赤ちゃん(仮名・元気)を出産した。国内のアジアゾウとしては最高齢の出産となる。

 アーシャーは繁殖のため2009年、上野動物園から豊橋総合動植物公園(愛知県豊橋市)に嫁入りし…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

あわせて読みたい

ニュース特集