メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
連載小説 ストロベリーライフ

/7 ハウスの中になにがある? 作・荻原浩 題字・画、佃二葉

=画、佃二葉

 車を発進させて北へ向かった。富士山の方角だ。空は晴れているのに、今日の富士山は厚い雲に覆われて、裾野しか見えない。

 親父が移された病室は、ナースステーションのすぐ脇の二人部屋だ。同部屋のもう一人は体に何本ものチューブやコードを繋がれた、自身が生命維持装置の一部に見える超高齢の老人。「ナースステーションの近くに入れられるのは、危ない証拠だよ」という剛子(たかこ)ネエの言葉を聞くまでもなく、状況がまだ楽観視できないことは明らかだった。

 左に折れてバス通りを走る。恵介(けいすけ)が幼い頃は、両側一面が田んぼや畑で、屋根付きの停留所ばか…

この記事は有料記事です。

残り2944文字(全文3213文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

荻原浩

さいたま市出身。成城大卒。1997年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞。東京都在住。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  2. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 空母化する護衛艦「いずも」の自衛隊員たち (中)若手隊員の思い やりがいと寂しさと メールで家族や夫と連絡

  5. 札幌 クラブ史上最多8発!“爆勝呼んだ”進藤ゆりかごパフォ(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです