メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
人模様

アマゾン先住民理解を シーロ・ゲーラ監督

2016年10月29日、日本で初公開されるコロンビア映画「彷徨える河」を監督したコロンビア人、シーロ・ゲーラさん=本人提供、ボゴタ市在住

 コロンビア史上初めて米アカデミー賞外国語映画賞の候補となった「彷徨(さまよ)える河」(2015年、124分)が29日、東京・渋谷のイメージフォーラムで公開された。欧州人の侵略から一人で逃げ続けるアマゾン先住民の孤高を描いた。彼の青、老年期の旅に同行した2人の探検家の目を通し、二つの時代が交錯する。あえて白黒映像にしたのは「緑の深さ、先住民の心のうちを、見る人の想…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです