メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金沢・エレベーター死亡事故

12年の事故「捜査は依然長期化」 金沢東署 /石川

 金沢市の「アパホテル金沢駅前」で2012年10月、清掃作業員の女性がシンドラーエレベータ社製のエレベーターに挟まれて死亡した事故で、捜査本部のある金沢東署は28日、立件に向けた捜査について、「相当程度の期間を要する」と1年前と同じ見解を示し、さらなる長期化が避けられないとの見通しを明らかにした。31日で事故から4年を迎えるのを控え、報道各社の取材に応じた。

 同署によると、これまでシンドラー社や保守担当者ら約400人から事情聴取し、約800点の証拠品を押収した。聴取した人数、証拠品の点数は1年前からあまり増えていない。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 平井デジタル担当相、個人情報保護ルール見直しに意欲

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです