リニア中央新幹線

掘削工事開始 南アルプストンネル斜坑 早川 /山梨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
リニア中央新幹線のトンネル掘削工事で発生した土砂などを運び出すトラック=早川町で
リニア中央新幹線のトンネル掘削工事で発生した土砂などを運び出すトラック=早川町で

 リニア中央新幹線の南アルプスを貫くトンネルの掘削工事が早川町で始まり、28日、報道陣に公開された。開業後は非常口に転用される斜坑で、リニアが通過する本坑「南アルプストンネル(山梨工区)」に接続する。JR東海は本坑の掘削を来年度中に始めたい考えだ。2027年の東京(品川)-名古屋間の開業を目指している。

 山梨工区は、静岡県境のやや先までの約7・7キロ。全長約25キロの本坑は、坑道から地表までの土砂の厚さ「土かぶり」が一番厚い場所で約1400メートルとなる見通し。難所と言われている。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文778文字)

あわせて読みたい

注目の特集