メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音義木簡

国内初「千字文」 漢字教科書の書き写し 吉田遺跡から昨年4月出土、奈良時代の万葉仮名記す /山口

山口大発表、きょうから埋蔵文化財資料館で展示

 山口大は、山口市の吉田キャンパス内の吉田遺跡から昨年4月に見つかった漢字の読みを万葉仮名で記した8世紀前半(奈良時代)の音義(おんぎ)木簡が、漢字の教科書として使われていた「千字文(せんじもん)」を書き写したものだったと発表した。千字文の音義木簡が見つかったのは国内で初めて。29、30日に同キャンパス埋蔵文化財資料館で展示される。【祝部幹雄】

 木簡は1・5メートル下の地層から見つかった。長さ約28センチ、幅3・7センチ、厚さ6ミリのヒノキ製…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです