メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

16年米大統領選

最後の攻防/6止 アイオワ 関心は「4年後」に 側近も「トランプ隠し」

共和党の集会の終了後、参加者の質問に答えるトム・コットン上院議員=米中西部アイオワ州ダベンポート市で2016年10月11日、清水憲司撮影

 中西部アイオワ州ダベンポート。地元の共和党支部が今月11日に開いた集会には、ドレスやスーツで着飾った支持者ら数百人が詰めかけた。大統領候補ドナルド・トランプ氏(70)の女性蔑視発言が問題になる中、予告なく登場した副大統領候補マイク・ペンス氏(57)が語りかけた。「我々が直面する選択は2人の候補者というより、どちらの未来を選ぶかということだ」

 トランプ氏か民主党候補ヒラリー・クリントン氏(69)のどちらが大統領にふさわしいかを決めるのではな…

この記事は有料記事です。

残り1095文字(全文1317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです