連載

烏鷺日和

烏鷺とは「烏」を黒石に、「鷺」を白石に見立てた囲碁の異名です。

連載一覧

烏鷺日和

ソフト規制 早急に整備を=金沢盛栄(編集委員)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
AIソフト「アルファ碁」との最終第5局に臨み、初手を打つ李九段(右)=ソウルで3月15日、AP
AIソフト「アルファ碁」との最終第5局に臨み、初手を打つ李九段(右)=ソウルで3月15日、AP

 <烏鷺日和(うろびより)>

 お隣の将棋界に激震が走っている。A級リーグ在籍のトップ棋士、三浦弘行九段による将棋ソフト不正使用疑惑だ。

 囲碁界はどうなっているのか。今年3月、あの“事件”が起こる前なら、「囲碁でそんなことはあり得ない。ソフトが弱過ぎて、何の役にも立たない」と一笑に付されただろう。既にトップ棋士を追い越していると見られる将棋ソフトに比して、囲碁ソフトはせいぜいアマチュア高段者のレベル。そして、プロ級になるには10年はかかると見られていたからだ。

 ところが、米グーグル傘下の企業が開発したAI(人工知能)ソフト「アルファ碁」が3月、世界トップの一人、韓国の李世〓(イセドル)九段に五番勝負を挑み、4勝1敗で圧勝。囲碁の世界でもソフトが既にプロ・トップ級であることを見せつけた。ドッグイヤーと言われるコンピューターの世界。人間の想像をはるかに超える速さで、ソフトは進化していたのだ。

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1210文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集