メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米FBI

クリントン氏の「新たなメール発見」 捜査再開

投開票日を控え、大きな打撃に

 【ワシントン西田進一郎】米連邦捜査局(FBI)のコミー長官は28日、大統領選の民主党ヒラリー・クリントン候補(69)が国務長官時代に私用の電子メールアドレス・サーバーで公務を行っていた問題で、「関連すると思われる」新たなメールが見つかったため捜査を再開したと明らかにした。これらのメールが重要かは「不明」としたが、投開票日を11日後に控えたクリントン氏にとって大きな打撃になりそうだ。

 FBIは7月、メール問題について、クリントン氏や関係者の機密情報の扱いが「極めて不注意だった」と批…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです