レーザー手術やけど

患者腸内ガス着火か…東京医大調査委

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京医科大学病院(東京都新宿区)で4月、手術中の女性患者が大やけどを負った火災で、同病院は28日、患者の腸内ガスがレーザー手術器の照射により着火し、手術用の布(ドレープ)に燃え移ったことが原因だった可能性が高いとする外部調査委員会の報告書を公表した。

 火災は今年4月15日、同病院の手術室で、産科・婦人科の医師がレーザー手術器を使って女性患者の手術を行っていた際に発生した。ドレープに火が付き、患者は腕や足などに大やけどを負った…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

あわせて読みたい

ニュース特集