メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日小学生新聞から

林美智子さん 心震える生の歌声を聴いて

[PR]

 クラシック音楽おんがくむずかしそうとおもっているひとも、ワルツのかろやかなリズムとうつくしいメロディーをいていると、おもわずおどしちゃうかも! 日本にっぽん代表だいひょうするオペラ歌手かしゅ林美智子はやしみちこさんのはなやかな歌声うたごえにうっとりしてみませんか。新年しんねん全国各地ぜんこくかくちで、親子おやこたのしめるコンサートに出演しゅつえんするそうですよ。【出水奈美でみずなみ

 ☆新年しんねん出演しゅつえんする「ウィーン・シュトラウス・フェスティバル・オーケストラ ニューイヤー・コンサート2017」では、どんなうたうたいますか。

 ★ロマンチックでドラマチックな展開てんかいがある「オペラ」とはちがって、わらいあり、せりふあり、うたありのたのしい「オペレッタ」のうたうたいます。とにかくメロディーがきれい! かえりにはついくちずさんでしまうような、みみのこるメロディーですよ。

 ☆CDやテレビではなく、ホールでさとは。

 ★やっぱりライブにまさるものはないです。わたしたちオペラ歌手かしゅは、ポップスやミュージカルとはちがって、マイクをつけずにうたいます。からだ楽器がっきです。からだひびかせて、おおきなおとします。ライブを体験たいけんすると、きっとこころふるえます。

 ☆いつから音楽おんがくきになりましたか。

 ★地元じもと埼玉さいたまに、すばらしいコーラスの先生せんせいがいらっしゃいました。そこで3さいからうたっていました。はははお風呂ふろでいつも童謡どうよううたってくれました。「このみち」「あかとんぼ」「ペチカ」……。日本にっぽんうた大切たいせつうたつづけていきたいなとおもいます。

 ☆プロをこころざすのはいつから。

 ★中学生ちゅうがくせいときに、その先生せんせい音楽おんがくみちすすめていただきました。先生せんせいわたしせてくれた、リヒャルト・シュトラウスのオペラ「ばらの騎士きし」のビデオをて、ぞくぞくしました。これをやりたいとおもいました。

 ☆実際じっさいに、ご自身じしんが「ばらの騎士きし」に出演しゅつえんしたとき感想かんそうは。

 ★ドリームズ・カム・トゥルー! ゆめがかなったとおもいました。やりたいことはあきらめないで。ゆめはかないます。なんでもトライしてほしいなとおもいます。

 ☆小学生しょうがくせいにおすすめの音楽おんがくおしえてください。

 ★モーツァルトのオペラ「魔笛まてき」はたのしいですよ。舞台衣装ぶたいいしょうて、なまこえうた姿すがたを、ぜひホールで体験たいけんしてください。

 ☆これからの目標もくひょうは。

 ★どもがまれ、音域おんいきひろがっていくきざしがあって、うたえるきょくもレパートリーもひろがってきました。一生いっしょうチャレンジをわすれないでいきたいとおもいます。


 <ウィーン・シュトラウス・フェスティバル・オーケストラ「ニューイヤー・コンサート2017」>

 2017ねんがつ12にちもく)19東京とうきょう・サントリーホール。はやしさんはオペレッタ「メリー・ウィドウ」より「ヴィリアのうた」などをうたう。指揮しき&バイオリンはヴィリー・ビュッヒラー。9100~4300えん。ジャパン・アーツぴあ(電話03・5774・3040)。

 このほか、1がつなのか兵庫県西宮市ひょうごけんにしのみやし県立芸術文化けんりつげいじゅつぶんかセンター、同8どうようか神奈川県横須賀市かながわけんよこすかしのよこすか芸術劇場げいじゅつげきじょうでも公演こうえん


プロフィル◇

 埼玉県生さいたまけんうまれ。メゾ・ソプラノ歌手かしゅ東京音楽大学卒業とうきょうおんがくだいがくそつぎょう文化庁派遣芸術家在外研修員ぶんかちょうはけんげいじゅつかざいがいけんしゅういんとしてドイツ・ミュンヘンに留学りゅうがく。2003ねん国際こくさいミトロプーロス声楽せいがくコンクール(ギリシャ)で最高位入賞さいこういにゅうしょう出演しゅつえんしたオペラは多数たすう、「カルメン」カルメンやく、「こうもり」オルロフスキーやく、「セヴィリアの理髪師りはつし」ロジーナやくなど主要しゅようやくうたつづけている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. ORICON NEWS 伊藤健太郎容疑者、12月放送予定のNHKドラマ降板 オンデマンドでの作品販売も停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです