メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

県予選 大分舞鶴、4強入り 大分雄城台も /大分

【大分雄城台-玖珠美山】前半20分過ぎ、大分雄城台の選手がトライを決め逆転

 第96回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社など主催)の県予選は29日、由布市の湯布院スポーツセンターで準々決勝2試合があった。31年連続の花園出場を目指す大分舞鶴は、横綱相撲で大分工に圧勝。9年連続で県予選準優勝の大分雄城台は、玖珠美山との息詰まるシーソーゲームを制し、それぞれ準決勝に進んだ。30日は同センターで準々決勝の残り2試合があり、4強が出そろう。

 大分舞鶴が攻守で大分工を圧倒した。接点での強さが際立ち、ターンオーバーから立て続けにトライを奪った。FW、BKが一体となった攻撃をみせ、前半だけで5トライを決めると、後半もボールを支配し続け、守備陣も最後まで集中力を切らさなかった。大分工は前半、連続攻撃から1トライを返して一矢を報いたが、その後は防戦一方だった。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです